『フランス人は10着しか服を持たない』を読みました

図書館にこどもの折り紙の本と絵本を借りに行ったらネットでよく見かける『フランス人は10着しか服を持たない』があったので借りて読んでみました。

感想…面白いww
服の枚数で特に悩んでいないので枚数のとこらへんは適当に読み飛ばしました(´-`)

何が面白いかって言いますと、「アメリカ人皆そこまでグータラちゃうやろ⁉︎ フランス人皆そんなにきっちりしてへんやろ!」とツッコミ所満載なんです。まあ、著者がフランス留学当時女子大生なんでそこを加味して読むのがベターかと(^.^)

個人的にはカリフォルニアガールのビーサンにショートパンツにTシャツなんかは凄く可愛いと思いますが。アメリカ人の健康的な可愛らしさはとても魅力的ですわ。

《参考になったことをメモ》
家で家事をする時はエプロンをして部屋着を持たない

間食は偶に

女らしさの決め手は姿勢

因みに10着というのは各季節のスタメン服のことでした。冬はスカート3〜4枚、セーター4枚にブラウス3枚とかそんな感じ。

偶にミニマリストさんのワードローブとかで1年でコートやブルゾン合わせて20枚!なんて人を見かけますが、そういうのではありませんでした。

この本を読んで良かったところ(^.^)
だらし無くなりそうな時に思い出して弛んだ気持ちを引き締める効果が見込める
書籍の画像は載せたらいけないんでしたっけ?amazonのリンクを貼っておきます。
(図書館で借りてさっくり読むのがオススメです)


[PR]
by mei-0608 | 2017-05-16 13:24 | その他